ぬるぽを見かけたら 全力でぶっ叩くのみ


by Denullpo Smasher Hammerson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

番外篇3D

で、わざとらしい3D写真集

小田原: LUSCA屋上 もっこもこ系 [3D版]
a0101404_23413253.jpg


小田原: LUSCA屋上 オーソドックスな1点透視系 [3D版]
a0101404_23414030.jpg


御殿場: 3Dで撮り甲斐のある奥深い形状の遊具 [3D版]
a0101404_23414856.jpg


御殿場: 浅間神社 [3D版]
a0101404_2342195.jpg


御殿場: 神社の隣に何やら [3D版]
a0101404_23421434.jpg


御殿場: 3Dだと後ろの鳥居に味が出る [3D版]
a0101404_23422675.jpg


松田: 川沿いに進めなくなったところに隠し通路的な [3D版]
a0101404_23423470.jpg


松田: 真ん中のでかい草はどこから生えてるのでしょうか [3D版]
a0101404_2342424.jpg

[PR]
by denullpo | 2011-06-13 00:09 | 戯れ言

番外篇。

・小田原篇
a0101404_22365149.jpg

金太郎と熊のフュージョン、通称きんたm…もとい、熊太郎…かどうかは謎。
御子様連れてくと、駅長コスで写真撮ってもらえるです。

a0101404_2237592.jpg

モツァレラトマトソースパスタ(゚д゚)ウマー
茄子は苦手なんですが、モツァレラトマトソースとの親和性があって結構いけます。
好き嫌い矯正に使えるかもしんない。

# でも茄子単体+醤油とかだめぽ

そして静岡。
[PR]
by denullpo | 2011-06-12 23:02 | 戯れ言
1箇月ほど前、地元の広報で茶葉の放射性物質検査結果が載ってたです。
a0101404_20584233.jpg

暫定規制値超えの小田原市と南足柄市は静岡県に接するところ、
次いで中井町は小田原市の東隣、松田町と山北町は小田原市の北1つ飛び。
このうち中井町以外は雨雲がぶつかり得る高さの山があり、中井町にも
標高300mほどの山があるので、かするぐらいはする。
茶園ってのは大抵こういった山地にあるわけで、茶葉から検出された
セシウムは雨雲で運ばれてきたという仮説を立ててみた。
これなら、先に挙げた2市3町に囲まれた谷間の開成町,大井町と
盆地である秦野市の検出量が低いという辻褄は合う。
雨ってのは雨雲のうちほんの一撮みでしかないので、降ってくる雨に
混じる不純物もまたほんの一撮み。だが、山にぶつかったらその部分は
ほぼ完全に吸収される。その位置にある畑はもろに影響を受けるし、
より高い山なら上から流れてきたりもする。
が、同じ山でも、裏側なら比較的影響は少なくて済む。
茶葉のセシウム騒ぎは隣の静岡でも起こっているが、一番怪しそうな
御殿場市がシロってのもおそらく同様の理由であろう。

というわけで、線量計が手に入ったのでちょっと調べてみた。
[ガイガーカウンター 米国DoseRAE2 PRM1200 高性能放射線測定器]
(シンチレーション方式なので厳密にいうとガイガーカウンターではないんだけど)
a0101404_20585651.jpg


この機種はγ線,X線が対象で、α線,β線は検出されない。
単純に外部被曝の度合いを調べるのが目的な場合では、皮膚を透過しない
α線,β線を対象に含めることはかえって邪魔になる。
また、線量計では"どっかの線源から放射線が到達した"程度の情報しか得られない。
線量計を線源に近づけても、それにどれだけの放射能があるかまでは判らない。
何故なら、線源から出る放射線がどっちに飛んでいくか決まっていないからである。
その放射線が線量計のセンサに向かって飛んで来ない限り、カウントされないのだ。
逆に、センサに引っかかった放射線がどっちから来たのかも特定できないので、
その線源に関する情報は類推で補うしかない。
(このあたり、マインスイーパー的な感覚が近いかもしんない)
線源が空間内に散らばってたり、地中に広がってたりならセンサの方向に飛んでくる
確率も高くなるので目安にはなるだろうが、点線源の放射能を調べたいときは
それに適応した機材が要るので悪しからず。

なお、測定値は機種によって差があるので、ここに出ている数字を絶対的に
判断するのは正しいとはいえない。誤差を織り込むために、相対的に判断しましょう。

因みに先日、ロマンスカー車内で確認した値は
新宿:110nSv/h 町田:50nSv/h 秦野:30nSv/h
と、ほぼ事前情報通りの結果。
ならば、電車に乗ったままでもある程度は把握可能と判断して移動中も各駅で
測ってはみたのだが、この機種は急激な線量変化を調べるには向いてない模様。
駅で止まっている間に値が確定することは期待できないので、値が上昇したときは
より高い線量、下降したときはより低い線量である可能性がある。

では、出発
[PR]
by denullpo | 2011-06-12 21:27 | ちょいマジ