ぬるぽを見かけたら 全力でぶっ叩くのみ


by Denullpo Smasher Hammerson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

鬼教官の手本

ヘルズ・キッチン~地獄の厨房

参加者はともかく客にまで容赦ないのは弾けすぎだが、即戦力を育てるという観点では
とても効率的な方針であり、興味深いものがある。

特に、集まってきた参加者に一品作らせて、それをボロクソに貶すところ。
これには経験のリセットという意味がある。一般の企業が中途採用で即戦力を集める
ときは従来のスキルを考慮した上で業務に就いてもらうことになるのだが、これには
スタッフのまとまりを欠くという欠点があり、作業効率的にもよろしくない。スタッフ各位
思い思いのスタイルで勝手に進めていくことは、船頭多くして何とやら。可能であれば、
少し遠回りでも従来のスキルをリセットした上で再教育を施す方が後々困らない。
ただし、この手法はよほど教育が上手いところでないとまともに育たず、リセットした
ぶんさえ取り戻せないオチになりがち。

もう一つの効果としては、予め自称熟練者の鼻っ柱を粉々にブチ壊しておくことで、
再教育が進めやすくなること。経験者の料理が次々と酷評されていくなか、素人勢が
比較的善戦しているのはこのため。門弟が師範に教えを請おうというところで、
自己主張は邪魔以外の何物でもない。自己主張したければ門弟ではなくライバルの
スタンスで、自分のフィールドにおいて存分に自己主張するのがよかろう。

さらに特筆すべき点を挙げるなら、容赦ない教育方針でも絶妙なところで褒めること。
教育ってのは、怒るだけでは育たない。甘やかすだけでも育たない。教わる側から
してみれば、褒められることで初めてそこに成長の指針ができる。で、その指針を
用意してやるのが教える側の本分。


思い知るがいい。
追従も自立もできぬゆえ
……貴様は負け犬なのだ!!

[ワシズ-閻魔の闘牌 (1) (近代麻雀コミックス)]

[PR]
by denullpo | 2009-11-26 01:15 | 映画