ぬるぽを見かけたら 全力でぶっ叩くのみ


by Denullpo Smasher Hammerson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:戯れ言( 110 )

待つべきか、進むべきか

車掌「空いてる車内へ詰めてください」 デッキの高校生「・・・」 車掌「発車します」 乗れない乗客「えーっ!?」

どっちを選んでも正解はない。進退ここに窮まる。
でもどっちか選ばなければならない。さあ、どっち?
悩むようなら、ヒントをあげる。

留萌本線 秩父別→深川 時刻表

どう考えても、これは待つしかないだろう。
入口で詰まってたDQNの面々とて、進んでくれなきゃ困るはず。
辛抱強く何時間でも待ってりゃそのうち察してくれただろう。
[PR]
by denullpo | 2007-05-09 23:00 | 戯れ言

灯台下暗し現象

【クタラギ・プラン】 SCE久夛良木会長「プレイステーション4, 5, 6は構想済み」

製品が完成してもいないのに続編構想というのはゲーム業界じゃよくあることだが、
盛大にコケてる製品の続編構想というのは、さらに重症だ。
しかも、周りが歯止めになってないようで。

PS4/5/6のビジョンはともかく、今後2年分のPS3開発計画という「クタラギ・プラン」の存在は心強いものです。

社員の皆様、泥船に乗ったつもりでいてください。


たわける ほらふく 言いまくる
弾ける 恥かく わんだふる
しにかる こみかる ポイする とぼける
し・ら・ん・ぷ・り

- 民明書房刊 『鋼鉄企業戦士くたらぎ』より -

[PR]
by denullpo | 2007-04-30 23:02 | 戯れ言
「ギア間違えパニック、さらにアクセル踏んだ」 83歳女性の車、公園突入→ベンチに座っていた25歳女性、はねられ死亡

インタフェイスの合理性を考えるとき、マシンとしての観点とユーザとしての観点は別物。
自動車もその一つで、ギアで前後を切替えてアクセルでその方向に進めるという形は
完全にマシン側に寄ったインタフェイスであり、ユーザインタフェイスとしては無理がある。
で、それを習得するために自動車学校が存在するわけだ。そこで経験を積んで免許を
取れる頃には操作感のギャップは埋まっており、それで難なく操作できるようになる。
ところが、反射神経も運動神経も弱ってきているじーちゃんばーちゃんだとどうなるか。
歳をとるほど想定外の状況変化についていけなくなり、より本能に近い行動を起こす
ようになる。ギアミスで後退してしまったとき、"止めねば"ではなく"前進せねば"という
思考回路が働くのである。その結果、そこからさらにアクセル踏んでリンク先のような
悲劇が起こってしまう。

この問題を解決するには、じーちゃんばーちゃんの免許を剥奪してしまうのが確実とは
思うが、足腰の弱ったじーちゃんばーちゃんから車取り上げるのは酷な話でもある。
そこで、インタフェイスを再考してみようと提案してみる。実は、ユーザインタフェイス的に
理に適った自動車は既に存在している。それがブルドーザーである。あのツインレバー
方式の操作体系は直感的な操作が可能なので、じーちゃんばーちゃんでも充分
操作に耐えうると思う。
ただ、ブルドーザーのままじゃ公道走れないので専用の自動車を開発する必要あるし、
道交法の改正も必要だし、専用の免許も必要になるだろう。当分実現は無理だね。

とりあえず比較的簡単に実現できそうな解決策としては、バックギア操作を複雑に
してしまえばいい。現状 P-R-N- と直線になっている部分を分岐させ、Rだけを直線
から外した位置に置く。これだけでもギアミスはある程度解消されるはず。さらに念を
入れてRの位置で10秒以上停車するとPと同じ扱いにする…のは無理あるか。
[PR]
by denullpo | 2007-04-29 05:43 | 戯れ言
米のブログ界最大の炎上ネタ「尻を1枚で拭け」

案ずるなかれ、シャワートイレがあるではないか。
…と思ってみたが、尻から茶色いのを全て洗い流すにはかなりの水量が要る罠。
しかも、その1枚で試しに拭いてみるまで結果が判らないというオマケ付き。
逆に水を無駄遣いするオチになりそな。
[PR]
by denullpo | 2007-04-28 22:26 | 戯れ言

一瞬、ウォンに見えた

電子マネー「ワオン」、イオン96店で発行開始

電子マネーは排他的な存在である。どう抗おうとも、現金以上に汎用的にはなれない。
逆に、排他的だからこその特徴を生かさねばならんだろう。盗まれても対応次第で
被害を抑えられるし。そうでもなきゃ、わざわざ金の使いどころ制限してまで導入する
メリットもない。金利ゼロで預金しているようなもんだ。しかも、信用リスクもある。
電子マネーの先祖ともいえるテレホンカードの末路を知らんのかと。
[PR]
by denullpo | 2007-04-28 22:00 | 戯れ言

北風と太陽

イソップ童話には、それを教訓に戒めよという教育的な意図が篭められている。
タイトルに挙げた作品もまたその例に洩れないわけだが、かなり勘違いされているような。
その権化となっているのが、"北風は暴力的、太陽は平和的解決の象徴"という思想だ。
あまりに一般へ浸透しすぎていて疑問にも思っていないのであれば、今一度よく考え
直してみて欲しい。

この話の前半は、北風が旅人のマントを吹き飛ばそうとするシーン。それに対し、旅人は
懸命に抗う。北風の策が潰えた後半、太陽が熱を浴びせ、旅人のマントを脱がすことに
成功する。この粗筋を見る限りでは、確かに平和的解決に見えなくもない。だがここで
"暴力的手段より平和的手段の方が強い"なんて教訓出すのはいくらなんでも安直すぎ。
一度洗面器に張った氷水へ頭突っ込んで冷やし、冷静且つ論理的に考え直すべし。

旅人は、暑いから自分の意志でマントを脱いだ。ただそれだけのことである。ここで
太陽が勝てたのは、単に旅人と太陽の利害が一致したから。もし、ワケありで是が
非でもマントを脱げない旅人だったら、おそらく熱中症で死んでいたであろう。
太陽光線というものは、それほど恐ろしい武器でもある。これに比べたら、北風なんて
かわいいもんだ。
逆に、この北風がもっと狡猾な存在だったら、旅人に抵抗させずにマントを吹き飛ばす
手段もある。無風状態から角度を決めて全力で突風を吹かせばいいのだ。

ここまで深く考えれば、この物語の本質も見えてくるだろう。この童話における真なる
教訓は、"能柔制剛"(柔よく剛を制す)である。ターゲットを動かすには、その意志に
逆らわない手段が最も効率よいということ。
ただし、剛を制さない柔は何の役にも立たないということもお忘れなく。
[PR]
by denullpo | 2007-04-22 20:46 | 戯れ言

モエ。

メンヘル関係は疎いんですが、

Moe Hawaii
「Moe(モエ)」 は、ハワイ語で「夢」・・・。


なんか妙に納得してしまった。
[PR]
by denullpo | 2007-04-17 01:52 | 戯れ言

剣道関係ないやん

窃盗犯に“メ~ン”…剣道3段のお手柄同大生!

今の剣道は実戦想定じゃないから仕方ないっちゃ仕方ないけど。
とりあえず、逃げる相手に追撃かますには突き技っきゃないよな…っと。

# ちょっと古流剣道に興味
[PR]
by denullpo | 2007-04-13 22:35 | 戯れ言

解る人にしか解らない

スバル、新型 インプレッサ を世界初公開

デザインを貶しているのと、なんで貶されてんだか解ってない人で二分されてて興味深い。
機能面に差があるのならともかく、デザインは主観の問題であり、さらには数多の比較対象と
見比べるという相対的な要素も強い。それ故に、玄人と素人の視点には大きな差が生じる。
高名な画家が描いた抽象画と赤ん坊が描いたラクガキを比べるようなもんだ。
前者の何が優れているのか、説明されたってわかんねーよ。
[PR]
by denullpo | 2007-04-04 22:39 | 戯れ言
というタイトルのビラがポストに入ってた。
提供元がエホバのアレなんで当然イエス・キリストを想定しているのだろうが、
それはだれでしょうか

なんつって勿体つけているわけですよ。
まあ、少なくともイエスなわきゃないわな。救世主の肩書きは持っちゃいるが、
その実態はそこらへんの伝道師と大差ない。で、その遺志を受け継ぐ者達が
あっちこっち侵攻してみたり魔女狩りやらかしてみたり教えに逆らったガリレイを
裁いたりしてきたわけですよ。もうね、害悪のタネでしかない。
しかもこれが昔の話だと思ってた矢先に、ハリポタの悪書認定ときたもんだ。
魔女狩り思想は未だ根強い。まったくもってカルトですな。
さらに、彼等の話にこんなものがあった。
日本でも欧米のような広い家に住めるようになりますよ

これは、仏教徒を皆殺しにして収奪するぞと解釈していいのだろうか。
あな、おそろしや。

…とまあそれはおいといて、"最も偉大な人"は一体誰なのか真面目に考えてみる。
現代文明を構成する要素は数あれど、なかでも最も重要なものは電気であると思われる。
もし深刻な金欠に遭って公共料金の支払いすらままならない。そんなとき何を優先するか。
電気>>>水道>ガス>>>>>>電話 ってところだ。
その電気を実用化させる大きなきっかけとなったものが電池の登場である。
それを発明したアレッサンドロ・ヴォルタこそ、"最も偉大な人"に相応しいといえよう。
[PR]
by denullpo | 2007-04-03 21:04 | 戯れ言