ぬるぽを見かけたら 全力でぶっ叩くのみ


by Denullpo Smasher Hammerson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:映画( 17 )

豪速黙示録

[カイジ 人生逆転ゲーム 通常版 [DVD]]

原作は長々と心理描写入ってて物凄く展開遅かったのではあるが、これを映画1本に
まとめるために心理描写とっぱらってて、対照的なまでに展開早い。
それでもポイントは押さえてあるので、長ったらしいの飽きたときのリフレッシュとかに。
黙示録,破戒録から拾ってきたネタを強引に繋ぎ合わせたために辻褄合わないところ
あるけど、そこは御愛嬌。

それよか、黒福本目立ちすぎ。


げ 原作者!?
へへえ~~っ!!

[コータローまかりとおる 10 (少年マガジンコミックス)]

[PR]
by denullpo | 2010-05-02 22:38 | 映画

いろいろと ながながと

AXN - 海外ドラマチャンネル|LOST
劇場版映画なら数十分で済む話を十時間以上もかける超スローな展開がねぇ…
以前観た二番煎じ映画の方が簡潔でよさげな気がしないでもない。
…が、1話終わる度に続きが気になる。連ドラとしての基本は押さえているようで。
シーズン区切りでも話が全然区切れてないのはやりすぎだと思うが。
これ、打ち切りシグナルに引っかかっちゃったらどうするつもりだったんだろう。

とりあえず、MAN vs WILD見慣れた御仁はこんなのぬるいと思うに違いない(ぇ
ウニをまずそに食うてたグリルス先生と、吐き出したハーリーに乾杯。


1話の8割回想シーン…why?
視聴者一同大ブーイング

[SPACE AKIBA-POP]

[PR]
by denullpo | 2010-03-31 07:26 | 映画

鬼教官の手本

ヘルズ・キッチン~地獄の厨房

参加者はともかく客にまで容赦ないのは弾けすぎだが、即戦力を育てるという観点では
とても効率的な方針であり、興味深いものがある。

特に、集まってきた参加者に一品作らせて、それをボロクソに貶すところ。
これには経験のリセットという意味がある。一般の企業が中途採用で即戦力を集める
ときは従来のスキルを考慮した上で業務に就いてもらうことになるのだが、これには
スタッフのまとまりを欠くという欠点があり、作業効率的にもよろしくない。スタッフ各位
思い思いのスタイルで勝手に進めていくことは、船頭多くして何とやら。可能であれば、
少し遠回りでも従来のスキルをリセットした上で再教育を施す方が後々困らない。
ただし、この手法はよほど教育が上手いところでないとまともに育たず、リセットした
ぶんさえ取り戻せないオチになりがち。

もう一つの効果としては、予め自称熟練者の鼻っ柱を粉々にブチ壊しておくことで、
再教育が進めやすくなること。経験者の料理が次々と酷評されていくなか、素人勢が
比較的善戦しているのはこのため。門弟が師範に教えを請おうというところで、
自己主張は邪魔以外の何物でもない。自己主張したければ門弟ではなくライバルの
スタンスで、自分のフィールドにおいて存分に自己主張するのがよかろう。

さらに特筆すべき点を挙げるなら、容赦ない教育方針でも絶妙なところで褒めること。
教育ってのは、怒るだけでは育たない。甘やかすだけでも育たない。教わる側から
してみれば、褒められることで初めてそこに成長の指針ができる。で、その指針を
用意してやるのが教える側の本分。


思い知るがいい。
追従も自立もできぬゆえ
……貴様は負け犬なのだ!!

[ワシズ-閻魔の闘牌 (1) (近代麻雀コミックス)]

[PR]
by denullpo | 2009-11-26 01:15 | 映画

実写映え

(ネタバレ)部分はカーソル当てて覗くヨロシ
TBS 日曜劇場「JIN -仁-」

漫画原作の実写化って大抵いろいろとくたばっているのだが、その主要因は
観応えにあるのではないかとみている。んで、この作品はその点ある程度
クリアできているといってもいいだろう。なんか手術シーンが生々しい。
漫画ではとても表せない要素なのだが、さらに原作にもない(ネタバレ)
なんぞが盛り込まれてより一層痛々しい(褒め言葉)

ただ、主役のアホっぷりが際立つ。
原作では医師としても一人前で江戸時代の常識にもある程度前知識のある
知的なオジサマだったからねぃ。でも年齢はおそらく実写版の方が上だったり。
医師14年って言うとったけど、日本の制度では最年少でも24歳+14年で38歳。
原作ではその2年後に36歳なんだな。
(アメリカなんかだと、10代で医師免許というケースもあるけど)

その他、原作と違う点がいくつか確認されたのだが、これは全11話に
まとめるため、仕方ないところなんじゃないかなと。改変の結果として
原作の神展開が潰れてなければ許す。

ただ、おそらく主要シーンが1つ実写版ではカットされるであろうと予測される。
現状、原作で最もイヤゲな展開であると思われる8~9巻のアレ。
いくら主要でも、(ネタバレ)なんかで演技したくないだろうねぃ。
クウォリティ的に、CGで誤魔化すぐらいならカットの方がマシだろうし。
てゆか、これが再現されたら褒めてつかわす。
[PR]
by denullpo | 2009-10-12 03:08 | 映画
…といっても、邦題で勝手にシリーズ化したやつで、製作国すら違うのだが。

[ソーラー・ストライク [DVD]]
オーソドックスな地球規模のディザスターパニック。
この手の話になると必ずといっていいほど核爆で何とかしようとするのもお約束。
とりあえず、展開がダイナミックなところに光るものがある。

[ソーラー・ストライク セカンド・メルトダウン [DVD]]
地球への隕石衝突を核爆で何とかしようとして微妙に失敗したという
ディープインパクトの別パターンな話。
同じく地球規模ではあることは確からしいが、場面展開はローカル的。
公転軌道が内側にズレて温暖化ってレベルじゃねぇ状態になるわけだが、
(ここにカーソル合わせてネタバレ)というオチは設定としてどうなのかと。

[ソーラー・ストライク サード・インパクト [DVD]]
災害範囲までローカル化して、ドイツの一地域で起こる水不足が主題。
予告編ではライン川枯渇とか煽っていたが、実際はその支流の1つである
ルール川だけ。JAROモノですな。でも局地的であるぶん、お定まりっ気
なくてよさげ…なんだが、終始妙な方向に話が進んで斜め上感が漂う展開。
それもそのはず、実際に危機的な状況になんないと行政動く気がないもん
だから、あちこちでハマットル。まぁ、先走って事が起こらなかったら無駄遣い
呼ばわりされるのは、どこの国でも一緒なのか。
[PR]
by denullpo | 2009-09-28 10:05 | 映画

サバイバーの鉄則

[ミスト コレクターズ・エディション [DVD]]
当初、ミステリアスな雰囲気のなか見えない恐怖と闘う映画である
…と単純に思っていたのだが、どうやらそうでもないらしい。
その"見えない敵"、序盤であっさり正体バラすし。

そうではなく、この映画の主題は随所での判断ミスで次々と増える犠牲者に
あるとみた。決断の遅れが命とりになるケースも多々、逆に早まった行動が
犬死にを招くケースも多々。こんな相反する判断は岡目八目と結果論だから
こそ為せる芸当であり、窮地においても適切にこなせるとは到底思えない。
しかし、たとえ岡目八目だろうが、結果論だろうが、そこにはいろんな教訓が
あるわけで。
で、こういった要素をまとめてみると、自然災害から超常現象まで、常ならざる
事態においてどのような行動をとるべきか、鉄則的なものが見えてくる。

・通用しなくなった常識は油断のもと
一度常識外の事実が起こってしまったら、もはやその常識は過去のもの。
新事実は、別の新事実を次々と誘発するものであり、そんな状況においての
順応性が要求されるということ。
そして、あらゆる可能性を想定すべし。想定できなかったことは大きな隙となる。

・見えない敵に虚を衝かせるべからず
これは他の映画でもありがちなパターン。
暗闇のなか、隣の部屋とかで物音がして、確認しにいくとき無防備に暗闇へ
突っ込んでいくといった間抜けなやられ役は後を絶たない。
しかも、役にも立たないライト点けて自分の位置を敵に教えるとか愚の骨頂。
暗闇でも霧でも、こゆシーンを見る度に歯痒い思いをするのだが、
ここで比較的安全なのは壁を背にすること。屈んでいればなお磐石。

・効かない武器は乱用するべからず
これも他の映画でもありがちなパターン。
普通に弾もったいないですから。
しかも弾切れ描写なんかあったりすると、より一層アチャー
限りある資源は、有効活用できるところで有効活用しましょう。

・虎穴に入るなら、虎児のみを求めよ
これも他の映画でもありがちなパターン。
根本的に、リスクを被っているという自覚に欠けている。
余計なことに手を出した結果、本来の目的まで達成できないとなれば
一体何のためにリスクを被ったのやら。

・ツイている者に便乗せよ
敵襲を受けても奇跡的に無傷だったという現象、これにはいろんな
見方があるだろうが、何かの理由はありそうだ。どんな奇跡でも、
科学的に突き詰めていけば科学的に説明つくものである。
そう思えたのなら、細かい理屈は後回しにしてとりあえず乗っておくのが
正解といえよう。たとえ相手がいけ好かない輩であろうが、生き残りが
かかっているのなら、それは些細な問題である。
[PR]
by denullpo | 2009-09-24 08:36 | 映画

動物達のディザスター

[アフター・デイズ [DVD]]
ある日突然、人間だけが消滅したらという設定で、いろいろと。
人間なんかいなくなっても地球は勝手に原状復帰してうまくやっていけるんだよ~
…な論調ではあったのだが、その過程ではいろんな人間の遺物が悪さしたりとか。
そんなわけで、人間が動物社会を語るときは、ものすごく大雑把にしか語らない
ことが判る。対象が人間なら、その遺物が人に対してどんな健康被害を及ぼして
その後の生活にどう影響を与えるかとか、かなり細かいところまで語られるのだが、
そーいったことはサワリの部分だけで細かいことはほぼ無視。
まー、仕方ないっちゃ仕方ないんだが、人間社会を同様に語るとき、それを
動物社会レベルまで大雑把にしてみると、あちこちで語られている事件が如何に
些細なものであるのかが判ってくる。これまで人間があちこちで起こしてきた
戦争でさえ、動物社会レベルでみれば単なる縄張り争いでしかないのだ。
人間は道具を使うから、エサ場だけでなくあらゆる物的資源も対象になる
という違いがあるだけ。
逆に動物社会を人間社会レベルまで細かく語っていくならば、少なくとも
"人間さえいなくなれば平和になる"ということでもなさげ。
動物社会とて、戦争も弱い者いじめもあるんだよ~
寧ろ、秩序がない無法地帯のようにも見える。例えば、"北斗の拳"とか、
大自然舞台で登場人物を動物にしてみればぴったりハマりそな予感。
[PR]
by denullpo | 2009-07-25 20:52 | 映画
某所の便乗エントリ。

[ハンサム★スーツ スペシャル・エディション 初回限定チェンジング仕様 [DVD]]
終始強引な展開の中に、ひとつの哲学が語られている。
この話をストレートに受け取ると、"人間は外見より中身だ"という道徳的に
ありがちな主張が前面にでてくるのだが、それだけではないんだな。

現実問題として、外見的美しさがひとつのステータスになっているという
事実は否めない。これは作中でもほぼ全編に亙って語られていることで、
激しく誇張されてはいるもののイケメソが優遇され、キモメソが迫害を受けるという
現象は少なからず現実でも起こっていること。"外見より中身"なんぞ絵空事
ともいえるぐらい厳しい現実なんです。それもそのはず、"中身"が重要に
なってくるケースというのは深い付き合いが前提。関係が薄いほど、"中身"も
意味が薄れてくるもんです。極端な話をすれば、行く道で会話もなくすれ違う
モブの面々は、彼らの"中身"がどうであろうと一切意味を成さない。
これ故に、付き合いのない他人から嫌悪の眼差しを向けられようとも、知人とは
(罵声を浴びせられつつも)ハートフルな付き合いが続くのであります。

…とまあ、寧ろそんな環境だからこそ確りとした"中身"が育っていくんだと
思うですよ。でも、本当に育つかどうかは本人次第。自分のバッドステータスを
受け入れた上で、前向きに生きていくことが何よりも大事。逆に、それが
できないと"中身"も荒んでいく。コンプレックスを乗り越えるか、コンプレックスで
完結してしまうかで分水嶺。二極化が見られるところであります。

んで、この話で最も深いところ。
外見がアレでも中身が優れていれば、救いはあること。
外見が優れていても中身がアレなら、相応の扱いを受けること。
外見も中身も優れているという才色兼備なら最強。
という3事例が確りと盛り込まれているのだが、それに加えて
最強でもなお完全無欠とまではいかないという点。
(ネタバレ自粛 カーソル合わせると見える)というのが真なる要旨とみた。

…でもまあとりあえず、客前でくしゃみ撒き散らすような輩は料理人として、どうよ?
たとえイケメソとて許されることではありませんぜ。

男がブサイク
女、メチャメチャ綺麗
ときどきそんなカップルいるけど
一体あれはどういうことだ?

[替え唄クラシックメドレー~ダン]

[PR]
by denullpo | 2009-06-17 02:59 | 映画
[NAKED-ネイキッド- [DVD]]
狩猟マニアのおぢたんが、そこらのおねいさん捕まえて裸に剥いて野山に放し、
狩りの対象にする…と聞くと何やらえっちな雰囲気だが、実際はこんなのえっちの
うちにも入らんので、あっち方面の期待はするべからず。

っつーか、自分が高校生ぐらいのときよく見ていた、果てしなく追われる夢が
オーバーラップする。どこに逃げても、どこに隠れても結局見つかる。
無論、このような展開はスリラーとしちゃ定番だが、何故かこの映画に限って
印象深いものがあった。展開がシンプルだからか?
[PR]
by denullpo | 2009-05-21 10:06 | 映画
[ワイルド・ランナー [DVD]]
[ワイルド・ランナーX2 [DVD]]
[ワイルド・ランナーX3 [DVD]]
…とまあ、パクリ臭の強いタイトルなんだけど、ジャンル違うし。
必ず冒頭のカーチェイスシーンで事故るところから始まるあたり、コント入ってる
気がしないでもないが、進行は至って真面目で本格的。
どーでもいーが、一見続編のようで、実は過去に遡っているのはどんな意図が…?

因みに、他にも別タイトルで同シリーズがいろいろ出ているみたいだけど、
原題も邦題もバラバラでよー若乱。


キレてる車をまず1台、選ぶだろ?
あとはストリートめがけてぶっ飛ばしてやりゃいいだけ。

[バーンアウト3テイクダウン]

[PR]
by denullpo | 2008-12-05 07:10 | 映画