ぬるぽを見かけたら 全力でぶっ叩くのみ


by Denullpo Smasher Hammerson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:ちょいマジ( 21 )

公共事業の仕組み

年度末ということで、何故駆け込みで予算使い切るのかという
タイムリーな話を。

公共事業ってのは、投資的経費として予算が組まれるのです。
初めから具体的な用途が決まっている義務的経費とは違って、
必ずしも明確な用途があるわけではなかったりする。
ただ単純に、"地域を儲けさせ、地域の価値を上げよう"という
趣旨だけが共通要素ね。

これを単純に解釈するならば、"地域が儲かる何かを創ろう"ということ。
具体的には産業推進だったり観光開発だったりそんな感じの
目に見えてよくわかりやすい手段。
ただ、そんな儲け話は常時そこらに転がっているわけではないし、
儲け話に乗るということでさえかなり大博奕なこと。

で、政治的見地において"地域が儲かる何かを創ろう"というのは、
もっとコンスタントに対応できる手段が要求されることになる。
そこで経済効果という考え方が出てくる。
一般的には先に挙げた例とほぼ同一と認識されがちではあるんですが、
実際はもっと地味な話。その代わり手段は限定されず、何にでも使える。
俗にバラマキってやつだが、これが効果覿面。侮るなかれ。

例えば、
[PR]
by denullpo | 2012-03-31 02:20 | ちょいマジ
(previously) 神奈川県西部~静岡県東部の線量測定に行ってきた

せっかくなので、線量計も持ってったのです。

(単位はnSv/h)
小田原: 70
岡山: 70
湖陵温泉: 80
出雲大社: 100
長崎: 90
端島: 40

…とまあ、かなり予想外の結果だったわけです。
当時、自宅近辺より小田原や沼津の方が線量高いのが気になってたわけですが、
寧ろこのぐらいで国内標準値ともいえるようで。
(とりあえず、距離無限遠のγ線も空気中で減衰するのでフクイチ由来で均等に底上げってことはあり得ない)
情報が不足していると分析が的外れになるといういい例ですね。

逆に、この調査で確信でてきた点もいくつか。
まず、電車内で測ると測定値は低くなること。
鉄板でγ線遮断はできないといわれるけど、減衰はするのよね。

あと、100nSv/h前後でちょこちょこ変動しているのを見て一喜一憂するものでもないと。
10nSv/hのγ線はセシウム137換算で1500Bq程度ではあるけど、この数だけ見て
脊髄反射で"暫定基準の3倍だ"とか騒がれるのもアレなんでちゃんと説明しておくと、
暫定基準は1kgあたりに含まれる量をBq/Kgで表しているわけです。
ここでいう1500Bqってのは単位量が存在しない。とにかくγ線が届く範囲内で
1500Bq相当って意味。実際は距離減衰があるのでもっと多量にあったりするんですが、
それだけ広い範囲なら当然濃度は低いと。

よく毒物盗難のニュースで致死量ン万人分とか煽られてて、それを
水源にブチ込まれたらとか畏れられているようなノリに似てま。
(さて、ン千万トンのダムにブチ込んだときの濃度は? …っと)
[PR]
by denullpo | 2012-03-10 11:59 | ちょいマジ
アルコールチェッカーを入手したので実験してみた。
[デジタル アルコールチェッカー 検知器]
a0101404_020312.jpg


道路交通法的には、
・血中アルコール濃度(BAC)が0.3mg/ml
・呼気中アルコール濃度(BrAC)が0.15mg/l
以上で酒気帯びと認定される。
(この機種は呼気検査ですがBAC表示なので前者で)

で、洗口液にはアルコールを含むものが多々あるわけで、
使用後に呼気検査あったら引っかかるであろう。
…というわけで、実際どうなるか試してみた。

とりあえず、手持ちの洗口液で。
[デンラーシステマEXデンタルリンス レギュラータイプ450ml]
使った直後の検査結果は1.0mg/ml、警報鳴ってます。完全にアウツです。
その後何回か試したところ(検出後だと何故かリセットに時間かかる、この機種)
0.5~1.0mg/mlでまず間違いなくアウツなんですが、だんだん弱ってきて
10分も経つとほぼ0という結果に。
(同じ0でも、beepの有無で微量検出か無検出か判断できる模様)
これでは、運転中に警官のエンカウンターあって検査に引っかかるという
ケースはまずあり得ないということになる。

では、もっとアルコールの強い洗口液ならどうか…と思ったが、ウチにはない。
そこで、"山芋焼酎 山の精・芋の精"(アルコール25度)を洗口液代わりに
してみようという暴挙に出る。
が、それでも結果は変わらず。引っかかるのは最初だけで、10分後にはほぼ0。

というわけで、洗口液で酒気帯び運転認定されることはまずあり得ないが、
たまたま洗口液使用直後に急用できて運転しなければならず、しかも
運転直後に警官と遭遇して呼気検査を求められた…という状況が
ないわけでもないので、一応あり得るってことでいいでしょうか。
まー安全のため、運転前には水で口すすいどくとよさげ。
体質によっちゃアルコールを少々嘗めるだけで吸収されるなんてことも
あるみたいだし。

っ[PLAUSIBLE]
[PR]
by denullpo | 2012-02-19 00:54 | ちょいマジ
1箇月ほど前、地元の広報で茶葉の放射性物質検査結果が載ってたです。
a0101404_20584233.jpg

暫定規制値超えの小田原市と南足柄市は静岡県に接するところ、
次いで中井町は小田原市の東隣、松田町と山北町は小田原市の北1つ飛び。
このうち中井町以外は雨雲がぶつかり得る高さの山があり、中井町にも
標高300mほどの山があるので、かするぐらいはする。
茶園ってのは大抵こういった山地にあるわけで、茶葉から検出された
セシウムは雨雲で運ばれてきたという仮説を立ててみた。
これなら、先に挙げた2市3町に囲まれた谷間の開成町,大井町と
盆地である秦野市の検出量が低いという辻褄は合う。
雨ってのは雨雲のうちほんの一撮みでしかないので、降ってくる雨に
混じる不純物もまたほんの一撮み。だが、山にぶつかったらその部分は
ほぼ完全に吸収される。その位置にある畑はもろに影響を受けるし、
より高い山なら上から流れてきたりもする。
が、同じ山でも、裏側なら比較的影響は少なくて済む。
茶葉のセシウム騒ぎは隣の静岡でも起こっているが、一番怪しそうな
御殿場市がシロってのもおそらく同様の理由であろう。

というわけで、線量計が手に入ったのでちょっと調べてみた。
[ガイガーカウンター 米国DoseRAE2 PRM1200 高性能放射線測定器]
(シンチレーション方式なので厳密にいうとガイガーカウンターではないんだけど)
a0101404_20585651.jpg


この機種はγ線,X線が対象で、α線,β線は検出されない。
単純に外部被曝の度合いを調べるのが目的な場合では、皮膚を透過しない
α線,β線を対象に含めることはかえって邪魔になる。
また、線量計では"どっかの線源から放射線が到達した"程度の情報しか得られない。
線量計を線源に近づけても、それにどれだけの放射能があるかまでは判らない。
何故なら、線源から出る放射線がどっちに飛んでいくか決まっていないからである。
その放射線が線量計のセンサに向かって飛んで来ない限り、カウントされないのだ。
逆に、センサに引っかかった放射線がどっちから来たのかも特定できないので、
その線源に関する情報は類推で補うしかない。
(このあたり、マインスイーパー的な感覚が近いかもしんない)
線源が空間内に散らばってたり、地中に広がってたりならセンサの方向に飛んでくる
確率も高くなるので目安にはなるだろうが、点線源の放射能を調べたいときは
それに適応した機材が要るので悪しからず。

なお、測定値は機種によって差があるので、ここに出ている数字を絶対的に
判断するのは正しいとはいえない。誤差を織り込むために、相対的に判断しましょう。

因みに先日、ロマンスカー車内で確認した値は
新宿:110nSv/h 町田:50nSv/h 秦野:30nSv/h
と、ほぼ事前情報通りの結果。
ならば、電車に乗ったままでもある程度は把握可能と判断して移動中も各駅で
測ってはみたのだが、この機種は急激な線量変化を調べるには向いてない模様。
駅で止まっている間に値が確定することは期待できないので、値が上昇したときは
より高い線量、下降したときはより低い線量である可能性がある。

では、出発
[PR]
by denullpo | 2011-06-12 21:27 | ちょいマジ
放送法改正の話で騒がれだしたようなので、レッツ啓蒙。
携帯やカーナビはもちろん、今年の夏の終わりまでには、ケーブルテレビだろうと、ネットにつながっているだけのパソコン(テレビ機能無し)だろうと、とにかくNHKからの映像が見えてしまうものを持っているやつら全員から、ごっそりと受信料を巻き上げることができるようになる。


ここの部分が大間違いなんですな。解説は後述。
こういった勘違いにより、自分が対象になってしまうと錯覚する。さらに、この話が
広まることで錯覚する人がどんどん増えていくわけ。それで得するのは、この錯覚に
便乗して稼ごうとするシトタチ。(早い話がNHKの拡張員ね)

本当は契約義務がないのに、契約義務があると錯覚して契約してしまう。
そうならないように、事実を確り把握しておきましょう。
そして、余計な強要をされないように理論武装しておきましょう。

結論からいうと、

・携帯電話
 → 対象外です
・カーナビ
 → 車内に設置するタイプに限り、契約義務あります(因みに改正前でも同じ)
   取り外して持ち運べるタイプであれば、扱いは携帯電話と一緒。
・PC
 → ライブの受信が使用目的に含まれていない限り、対象外です。
   ノートPCであれば対象外と言い張ることはできるかも。

解説
[PR]
by denullpo | 2011-03-20 13:30 | ちょいマジ

帰宅難民デスヨ

地震は凄かったですが、都心はダメージ少なく割と落ち着いてた感じ。
ただ、電車全面停止となって帰宅が困難な状況に。
この前提なら外を出歩くよりビル内で待機している方が安全なんですが、
さらに大きい地震が発生することで"この前提"が崩れる可能性もあるのと、
(建物倒壊するレベルだったら都心じゃ逃げ場なさげ)
この機に徒歩コースを体験しておくことで次に活かせると考え、
敢えて動いてみた。

まず、無闇に動く前に方針を決めなければならない。
皇居の反対側から国道246に抜けたいわけだが、どちらから回り込むべきか?
単純に国道246を目指すならまず渋谷へ。なので皇居は時計回りに。
…が、小田急が復旧する可能性を考え、反時計回りで新宿に向かってしまった。
これが大きな判断ミス。結果論として復旧しなかったし、仮に復旧したとしても
そのときは渋谷から新宿に向かえばよいだけの話。労力差を考えれば
まっすぐ渋谷へ向かう方がいい。

なお、行動の際にはいくつかの鉄則がある。

・極端な人混みを避ける
安全確保的に。
特に地下道や歩道橋など逃げ場のない一本道に人が溜まってたら、
回り道してでも避ける方がよい。

・逆に、極端に人通りの少ないところも避ける
これも安全確保的に。
表通りと違って古い建物多いし、治安面の問題もあるし。
あと、ショートカット目的で無闇に横道へ入ると迷ったりして
かえって余計な労力使う可能性あり。

・物資調達はできるだけ早くに済ませておく
渋谷にしても新宿にしても、人が集まりやすいところはボトルネックになる。
そんなところではいろいろと待ち時間が長くなりがち。
(実際、新宿ではバス,トイレ,電話で物凄い長蛇の列だった)
さらに、人が多いほど物資調達も困難になっていく。需要の高い品物は
売り切れになりやすいし、ファストフード店なんかでもいつも以上に並んでいた。

・衛生面で信頼できないところで食事しない
行動中に腹壊したらヤヴァイヨ

…ということで、新宿に出てくる前に飲み水を確保し、食事も済ませといた。
さらに、あわよくばどっかで自転車を買えればだいぶ楽になると思ったが、
同じこと考えているシトは多数いるようで…
(駅前の放置自転車を都で接収して有効活用できれば、何万人かは救われるのにねぃ)

そして行動開始デスヨ
[PR]
by denullpo | 2011-03-12 18:21 | ちょいマジ
前回までで、政権交代で景気後退的な論調で書いてはいましたが、これはあくまで
マクロ経済的な観点での話。ここをもう少しミクロ方向へ掘っていけば、別に悪いこと
ばかりでもないという希望を込めて。

ちょっと前に、こゆのを見た
速報!!「不用額」
14兆ケチって経済萎縮させるぞ宣言。
…なんですが~

新政権、予算・税を全面見直しへ 10年度概算要求
…あれ? もう検討済んでたんじゃないの?
早速ブレとるブレとる。

…というわけで、導入からいきなり眉唾っぽい話ではありますが。
仮に14兆円の出費を削減するとしても、これを国庫で眠らせておくというわけではない。
おそらく、マニフェスト消化資金として使われることになろう。
つまり、従来のキャッシュフローが断たれて別の方向に流れるということである。
経済的にいえば、
・資金供給が断たれて景況が悪化する
・新たな資金供給を得て景況が改善する
という二面性をもつ現象であることを示している。

ならば極端な話、儲からない仕事やめて儲かる仕事に移ろうぜということ。
実際には、いうほど簡単ではないんですけどね。
特に、資金が特定多数の個人に流れてしまうような政策は、一見方向性が
決まっているようで企業ほど徹底しているわけでもないという奥深さが。
(定額給付金みたいな不特定多数対象なら"まんべんなく"でもよかったんだけど)
そんなわけで、キャッシュフローや需給状況の高度な読みが要求される上、
運にも左右される。新政権が浅墓さに気付いて"やっぱ、や~めた☆"とか
やらかす可能性もゼロではないから、決め打ちシフトしてしまうのもリスクは高い。

ひとまず、今まで以上に茨の道となることは想像に難くない。
そんな世界で生き抜いていくためには、何よりもフットワークの軽さが
重要な気がする。やはり、派遣制度が最強なんじゃないかな?
どんな変革にも容易に対応できるという観点で。
同様に、仕事とってこられなくなりそな企業は出向案件拾ってきて
フットワーク面を進化させるという形で生き残りが図れるとは思う。
[PR]
by denullpo | 2009-09-01 01:33 | ちょいマジ
金額だけ見て、何やら凄そうだという先入観。
一般の住宅ローンなんかと同列に扱って、どうみても返せそうにないという先入観。
それは間違いです。
貨幣価値は一定ではないという現実。
戦後、経済成長によりトータルで何千倍ものインフレが起こっています。

福本漫画なんかじゃ死ぬほど出てくるフレーズ。
"昭和40年の5億は、現在の50億"
実際は、その後30年ほどで貨幣価値が1/10に減ったということ。
成長の止まったここ10年は、インフレ起こってないかんね。

んで、単純な話、これと同じ状態になれば1000兆の借金は実質100兆に
減るということ。政府が赤字国債を発行してまで市場へ資金を投入し続けて
きたのは、その後の経済成長を見込んでいるからこそできた芸当。

ここで、そんな楽観視でいいのかと反発するシトもいるだろう。
では、政府の資金投入がなかったらどうなるか考えてみよう。
デフレスパイラルは、誰が止めるのか。
止まらなかったら、どうなるか。

究極的な話をするならば、民間レベルで金を使わなくなり、物々交換の
時代に戻ります。ハイパーインフレと違って物を買い込もうという動きも
ないから、他の通貨で代用ということもない。
銀行は当然壊滅。金なんていくら持っててもケツ拭く紙にもならんというやつ。
ならば、限度超えるほど借金続けて破産させても一緒。
もともとダメモトなんですよん。

今なら、バリバリ金刷って市場投入してもいいくらい。
ハイパーインフレになるとか煽ってるシトいるけど、そのメカニズムを考えてみてちょ。
ハイパーインフレってのは、貨幣価値の低下が原因でとにかく物を買い込もうとする
国民的ムーブメントがあり、それが物資不足を引き起こすから起こる。今の日本では
物に溢れ、国民は貯金志向。そう簡単にハイパーインフレになどなり得ない。
それでもなおインフレが止まりそうになかったら、次は消費税を上げて市場に出回る
資金を吸い取ってしまうという二段構え。

では、何故それをしないのかというと、おそらく金持ち連中が渋っているんだろうねぃ。
インフレなんか起こったら資産が目減りするもん。
…そんなわけで、ビジョンはあれど行動に出られないのが現状。

でも、悲観することなかれ。
財政が破綻しても生き延びる方法はあるのです。
この話は今後、別エントリでまとめる予定は未定。
[PR]
by denullpo | 2009-08-23 11:55 | ちょいマジ
この点についても、なんか政権交代さえすればハッピーみたいなカルト思想が
まかり通っているみたいなので、ここでも啓蒙が要るですな。

Q: 政権交代したら、どうなる?
A: 外国人を優遇する政策で余計に日本人労働者の居場所がなくなります。
  中国人集団、頭数で圧殺アルヨ

Q: 国の無駄遣い減らしたら、どうなる?
A: そのぶん需要が減ります。民間でさえ出費ケチる傾向にあるなかで、
  公費までケチったら景気急速冷凍間違いなし。

Q: 公務員を削減したら、どうなる?
A: 減らされたぶん民間へ流れ込んできます。
  従来の労働者は、ますます居場所がなくなります。

Q: 株主優遇を制限したら、どうなる?
A: …株の購買意欲殺いどいて、経営資金どうなるの?

Q: 法人税を上げたら、どうなる?
A: 企業の資金が減ったぶん、余計に労働者へ渡りにくくなります。

Q: 派遣制度をやめたら、どうなる?
A: 一長一短あり。派遣制度は正社員で雇ってもらえない人の救済策でもあります。
  ただし、派遣制度が労働組合を弱体化させた要因であることは否めない。

Q: 最低賃金を上げたら、どうなる?
A: 微妙。金額の上では上がるかもしれないですが、底上げ分はインフレで
  実質元通りか、或いは労働者の人数減らしてカバーされることになります。
  どちらにしても、労働者にとってプラスとはいい難い。

…とまあ、ポピュリズムに乗っただけの口当たりいい政策が片っ端から経済の
阻害要因となっていることを意味している。もう、お先真っ暗ですね。

しかし、問題の根本さえ理解してしまえば、解決策は見えてくるものです。
政治的な梃入れなど一切必要なし、現状の制度で充分。
ただし、それには労働者それぞれが向上心をもち、努力しなければならない。
"働いて稼げるからいいや"ぐらいに思っているから、いつまで経っても賃金そのまま。
企業だって、好き好んで賃金上げているわけじゃないのよ。
高度成長期は組合が強力だったので、企業は賃金上げざるを得なかったのだ。
それが今じゃ悲惨なものだが、それでもなお希望が絶たれたわけではない。
労働者の賃上げという目的に主眼をおくならば、二つのアプローチがある。

一つは、派遣労働者を巻き込んで労働組合の勢力を復活させること。
ストライキでも現場の労働力供給が止まらないほど形骸化しているから、
今の労働組合は役立たずなのだ。ならば、その弱点を補えばよい。

もう一つは、派遣屋に競争原理を持ち込むこと。
自分もかつては派遣労働者として何社か利用してきたのだが、派遣屋から労働者に
支払われる代金というのは、かなり差があったりする。企業が派遣屋に支払う額のうち
どのぐらいが派遣屋の取り分、つまり搾取率ってやつなんですが、これが派遣屋に
よって大きく変わってくる模様。派遣屋とて商売で仕事及び人員の紹介やってる
わけだから0%というわけにもいかないだろうが、酷いところは本当に酷い。
ここを解決するためには、どんな仕事でどのぐらいの賃金が得られるのか、
派遣労働者同士で積極的に情報交換をすることと、搾取の厳しい派遣屋をボイコット
すること。これだけで、搾取の厳しい派遣屋は淘汰され、賃上げに繋がることになる。
で、それができるようになったら、今度は派遣労働者同士で組合を結成することも
不可能ではないだろう。そこでまとまった勢力ができれば、さらに強力な交渉が
可能となる。

…とまあ、こんな感じ。
政権があーだこーだ言うのは全く的外れ。
自分で活路を拓かずして、自分の理想は成就できないもんです。
では、健闘を祈る。

ついでに、賃上げ煽るという目的もあるので、数字バラしちゃいましょ。
技術者派遣なので一般労働者よりは優遇されている点もあるんですが、
自分の知る限り一番良心的な派遣屋の搾取率は10%。
実務経験は要るけど、正社員と比べても格段に高収入。
よかったら紹介してあげましゅ。
[PR]
by denullpo | 2009-08-13 06:04 | ちょいマジ
わかっているようで、実はわかってなさそなシト多そうなので。

参政権ってのは、呼んで字の如く、政治に参加する権利を指す。
成人の国民全員が平等に持っているものです。
この時点で
政治を国民の手に取り戻そう
などといった気色悪いフレーズが戯れ言であることがわかる。
いちいちそんなこと言われなくても、参政権はあるはずですから。
なら、その参政権を国民以外に放出しようというムーブメントは一体なんだろうねぃ?
少なくとも、外国人参政権に参政している輩は、そんなこと言う資格なし。

…という主張をすると、必ずといっていいほど政府が国民の方向いてないとか
民意を問えとかグチグチ言い出してくるんだが、これは投票を軽んじている証拠。
投票ってのは、選ぶ候補者に対して自分が持つ参政権を全権委任するということだ。
その後任期が明けるまで、投票者はその議員の政治的判断を共有しなければ
ならない。法案の賛否はもちろんのこと、議員としてのあらゆる活動が対象。
もし、その議員と考えの違うところがあっても、それは妥協したということになる。
さらに、政治のヒエラルキーは投票者と議員の2層ではないことに留意すべし。
投票者が議員を選ぶのと同様に、議員も総理やら党代表やらを選ぶことになる。
もちろん、これを選ぶための選挙も委任の範疇である。
つまり、総理指名選で票入れた議員に票入れた有権者は、その総理に票を
入れたも同然。総理指名選で票入れるという行為もその議員に委任してんだから。
もし有権者自身の意思に反する票が入ったら、それは有権者の判断ミスである。
この事実を無視してはならない。

…とまあ、こんな感じなんですが、ここまで本気で考えると票入れる相手が
いなくなっちゃうというシトも出てくると思う。それで正解です。全権任せられない
候補に気安く票入れるのは間違いです。
かといって、棄権やら白票やらも正解とはいえない。
何故かというと、どちらも投票という観点では"誰でもいい"という意味になる。
1票を候補者全員に等分して入れてんのと一緒。
では、何が正しいのかというと、自分が議員になって存分に自己主張あれ。
でも、これはあまり現実的とはいえない。独善的な主張では票とれないかんね。
ならば、まず有権者の支持を得るために頑張りましょう。無所属候補として
単独で動いてもよし、考えを共有できる有志で集まって挙党してもよし。
後者の方が効率的かな? 考えが共有できるなら、そのなかの誰かを代表にして
送り込めばいいのだから。何にしても、自己主張を通すなら支持得るための
努力が要る茨の道。それができないなら、諦めましょう。マイノリティが切り捨て
られるのは、代表民主制の宿命です。人口の多い日本じゃ、直接民主制なんて
収拾つかなくなるだけだかんね。

…という意味じゃ
国民が主役の政治
というのもさりげなく気色悪いフレーズである。
劇で全員主役とかいうアレな話はよく聞くが、それさえも凌駕している。
劇でいえば、観客まで全員主役だと言っているようなものだ。
[PR]
by denullpo | 2009-08-12 01:57 | ちょいマジ