ぬるぽを見かけたら 全力でぶっ叩くのみ


by Denullpo Smasher Hammerson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ハンサムって死語じゃなかったのか

某所の便乗エントリ。

[ハンサム★スーツ スペシャル・エディション 初回限定チェンジング仕様 [DVD]]
終始強引な展開の中に、ひとつの哲学が語られている。
この話をストレートに受け取ると、"人間は外見より中身だ"という道徳的に
ありがちな主張が前面にでてくるのだが、それだけではないんだな。

現実問題として、外見的美しさがひとつのステータスになっているという
事実は否めない。これは作中でもほぼ全編に亙って語られていることで、
激しく誇張されてはいるもののイケメソが優遇され、キモメソが迫害を受けるという
現象は少なからず現実でも起こっていること。"外見より中身"なんぞ絵空事
ともいえるぐらい厳しい現実なんです。それもそのはず、"中身"が重要に
なってくるケースというのは深い付き合いが前提。関係が薄いほど、"中身"も
意味が薄れてくるもんです。極端な話をすれば、行く道で会話もなくすれ違う
モブの面々は、彼らの"中身"がどうであろうと一切意味を成さない。
これ故に、付き合いのない他人から嫌悪の眼差しを向けられようとも、知人とは
(罵声を浴びせられつつも)ハートフルな付き合いが続くのであります。

…とまあ、寧ろそんな環境だからこそ確りとした"中身"が育っていくんだと
思うですよ。でも、本当に育つかどうかは本人次第。自分のバッドステータスを
受け入れた上で、前向きに生きていくことが何よりも大事。逆に、それが
できないと"中身"も荒んでいく。コンプレックスを乗り越えるか、コンプレックスで
完結してしまうかで分水嶺。二極化が見られるところであります。

んで、この話で最も深いところ。
外見がアレでも中身が優れていれば、救いはあること。
外見が優れていても中身がアレなら、相応の扱いを受けること。
外見も中身も優れているという才色兼備なら最強。
という3事例が確りと盛り込まれているのだが、それに加えて
最強でもなお完全無欠とまではいかないという点。
(ネタバレ自粛 カーソル合わせると見える)というのが真なる要旨とみた。

…でもまあとりあえず、客前でくしゃみ撒き散らすような輩は料理人として、どうよ?
たとえイケメソとて許されることではありませんぜ。

男がブサイク
女、メチャメチャ綺麗
ときどきそんなカップルいるけど
一体あれはどういうことだ?

[替え唄クラシックメドレー~ダン]

[PR]
by denullpo | 2009-06-17 02:59 | 映画