ぬるぽを見かけたら 全力でぶっ叩くのみ


by Denullpo Smasher Hammerson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

真の理由が明かされていないような

消費者金融が貸し渋りを始めたのって、つい最近の話とちゃうんか。
この他、オンライントレーディングの普及がこの少し前ぐらいから。金回りのいい御仁は
運任せのパチンコなんかより、投(資|機)でもしてた方がチャンスは大きいだろう。
2chで朝鮮送金云々な話が出回ったのがさらに少し前ぐらい …さすがにこの要因で
止めた御仁は極一部だろうか。

パチンコ参加人口は05年で1,710万人。95年が2,900万人だから約1,200万人減少した。一方で、業界の売り上げは参加人口に比べ減少率は少ない。つまり、一人当たりの遊戯費が非常に高騰している。

統計的にみればそうかもしれないが、もっと突き詰めてみればそうでもなさげ。
ぶっちゃけ、パチンコ屋は客が多かろうが少なかろうが1日あたりに出す"当たり"の量は
自ら決められる。客が減って売上げの減少が見込まれるなら、"当たり"の量を減らして
充当してしまえばいい。客の遊戯費は大して変わっていないが、"当たり"を得る客が
減っているという形だ。
このあたりが悪循環的に作用しているんじゃないかとも見えるんだが、実際それで
"当たり"が出にくくなったと感じる客は極一部であろう。露骨にそう見えないように
出玉で調整しているだろうし、普段勝ってない客はその比較対象すらない状態。

とりあえず、いろんな要因が蓄積しているってことでおk


本来… パチンコはそのギャンブルの
基本となる台を店側が支配している以上…
店側が100%勝つギャンブルです…
しかし… そんなことをすると誰も打つ者など
いなくなるので仕方なく 店側はそれを少し緩める…
客は… その間隙を突いて勝っているに過ぎない…

[賭博破戒録 カイジ 7 (7)]


“借金してまでパチンコしてたのに…” パチンコファン、消費者金融に貸し渋りされる→パチンコ業界ピンチ
五 七 五 最後は必ずパチンカス 六句目
[PR]
by denullpo | 2007-06-12 06:58 | 戯れ言