ぬるぽを見かけたら 全力でぶっ叩くのみ


by Denullpo Smasher Hammerson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ギアで前後進を切り替えるのは感覚的によろしくない

「ギア間違えパニック、さらにアクセル踏んだ」 83歳女性の車、公園突入→ベンチに座っていた25歳女性、はねられ死亡

インタフェイスの合理性を考えるとき、マシンとしての観点とユーザとしての観点は別物。
自動車もその一つで、ギアで前後を切替えてアクセルでその方向に進めるという形は
完全にマシン側に寄ったインタフェイスであり、ユーザインタフェイスとしては無理がある。
で、それを習得するために自動車学校が存在するわけだ。そこで経験を積んで免許を
取れる頃には操作感のギャップは埋まっており、それで難なく操作できるようになる。
ところが、反射神経も運動神経も弱ってきているじーちゃんばーちゃんだとどうなるか。
歳をとるほど想定外の状況変化についていけなくなり、より本能に近い行動を起こす
ようになる。ギアミスで後退してしまったとき、"止めねば"ではなく"前進せねば"という
思考回路が働くのである。その結果、そこからさらにアクセル踏んでリンク先のような
悲劇が起こってしまう。

この問題を解決するには、じーちゃんばーちゃんの免許を剥奪してしまうのが確実とは
思うが、足腰の弱ったじーちゃんばーちゃんから車取り上げるのは酷な話でもある。
そこで、インタフェイスを再考してみようと提案してみる。実は、ユーザインタフェイス的に
理に適った自動車は既に存在している。それがブルドーザーである。あのツインレバー
方式の操作体系は直感的な操作が可能なので、じーちゃんばーちゃんでも充分
操作に耐えうると思う。
ただ、ブルドーザーのままじゃ公道走れないので専用の自動車を開発する必要あるし、
道交法の改正も必要だし、専用の免許も必要になるだろう。当分実現は無理だね。

とりあえず比較的簡単に実現できそうな解決策としては、バックギア操作を複雑に
してしまえばいい。現状 P-R-N- と直線になっている部分を分岐させ、Rだけを直線
から外した位置に置く。これだけでもギアミスはある程度解消されるはず。さらに念を
入れてRの位置で10秒以上停車するとPと同じ扱いにする…のは無理あるか。
[PR]
by denullpo | 2007-04-29 05:43 | 戯れ言