ぬるぽを見かけたら 全力でぶっ叩くのみ


by Denullpo Smasher Hammerson
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

これまでに生存した最も偉大な人について考えましょう

というタイトルのビラがポストに入ってた。
提供元がエホバのアレなんで当然イエス・キリストを想定しているのだろうが、
それはだれでしょうか

なんつって勿体つけているわけですよ。
まあ、少なくともイエスなわきゃないわな。救世主の肩書きは持っちゃいるが、
その実態はそこらへんの伝道師と大差ない。で、その遺志を受け継ぐ者達が
あっちこっち侵攻してみたり魔女狩りやらかしてみたり教えに逆らったガリレイを
裁いたりしてきたわけですよ。もうね、害悪のタネでしかない。
しかもこれが昔の話だと思ってた矢先に、ハリポタの悪書認定ときたもんだ。
魔女狩り思想は未だ根強い。まったくもってカルトですな。
さらに、彼等の話にこんなものがあった。
日本でも欧米のような広い家に住めるようになりますよ

これは、仏教徒を皆殺しにして収奪するぞと解釈していいのだろうか。
あな、おそろしや。

…とまあそれはおいといて、"最も偉大な人"は一体誰なのか真面目に考えてみる。
現代文明を構成する要素は数あれど、なかでも最も重要なものは電気であると思われる。
もし深刻な金欠に遭って公共料金の支払いすらままならない。そんなとき何を優先するか。
電気>>>水道>ガス>>>>>>電話 ってところだ。
その電気を実用化させる大きなきっかけとなったものが電池の登場である。
それを発明したアレッサンドロ・ヴォルタこそ、"最も偉大な人"に相応しいといえよう。
[PR]
by denullpo | 2007-04-03 21:04 | 戯れ言